自動運転タクシーはエコにつながる! 温室効果ガス排出量を90%カット

自動運転タクシーはエコにつながる! 温室効果ガス排出量を90%カット 1

自動運転車、安全面だけでなくエコの角度からも推しだと。

地球の未来は自動運転車にある、かも。未来っぽいというだけでなく、大幅に地球に優しいっていうのですから注目です。ネタ元のBerkeley Labが発表した研究によると、タクシーを大規模で自動運転の電気自動車にすることで、2030年までに最大90%も温室効果ガスの排出を抑えることができるとのこと。

電気自動車がよりエコな未来に一役買うだろうことはもちろん、自動運転車によって「最適な道」を行くことも大きな役割なんだといいます。最適な車のサイズ、それにあった最適な乗車人数、そして最短最適な道、そのすべてがあわさってよりエコな世界を作りださせるわけです。また、研究では、2030年までの予想販売台数(約80万台)の5%が自動運転タクシーになれば、炭素排出量を240万トン削減できるという計算もでています。

source: Berkeley Lab

Gerald Lynch - Gizmodo UK[原文

(そうこ)