クイズ、レシピの次は文章。IBM Watsonが文章から感情を読み取れるように

150720_ibmwatson.jpg

どんどん賢くなってる...。

クイズ王になったり、レシピを考案したりと、さまざまな分野で活躍してきたIBMの人工知能、Watsonですが、今度はなんと文章が読者に与える印象を解析できるようになりました。

IBM Watson Tone Analyzerは文章から、感情的印象社会的印象ライティングスタイルの3つを解析してくれます。感情的印象とは文章から読み取れる筆者の感情のことで、快活さ、ネガティブ、怒りの3つを読み取ってくれます。社会的印象とは文章から感じる筆者の人柄のことで、開放性、協調性、誠実性の3種類があります。ライティングスタイルとは文章の癖のようなもので、論理性、信頼性、不確実性の3つの要素があります。

Watsonはこうした解析だけでなく、印象やスタイルを変えるためにどう単語を変えればいいのか提案もしてくれます。スペルチェックのような感じで各単語を印象やスタイルに色分けし、単語をクリックすれば候補がポップアップされます。

実際に、米Gizmodo編集部のJamie Condliffe記者が自分の記事をWatsonに解析してもらいました。WatsonがJamie記者の文章を解析したところ、協調性と誠実性、開放性が高い一方で、まったく怒りがないという結果になりました。Jamie記者はこの結果を受けて、結果が妥当かどうかはわからないけど、自分の文章はもっとネガティブにできるだろうと答えています。

現時点では、まだ英語にしか対応していません。日本語に対応する予定はあるんでしょうか? 今後が気になります。

source: IBM via Engadget

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(谷垣友喜)