開幕、しまーす! 史上最大の機動戦士ガンダム展「THE ART OF GUNDAM」六本木に立つ

開幕、しまーす! 史上最大の機動戦士ガンダム展「THE ART OF GUNDAM」六本木に立つ  1

君は見に行くことができるか―。

1979年にTVアニメとして誕生した「機動戦士ガンダム」の神髄に迫るイベント「機動戦士ガンダム展 THE ART OF GUNDAM」が東京・六本木の森アーツセンターギャラリーで開催決定! 最大の見どころは、ホワイトベースのメインデッキで大気圏突入をめぐる5分間の新作映像を体験できる特設シアターでしょうか。

そのほか1,000点にも及ぶ制作資料を一挙公開し、物語の生みの親・富野由悠季氏の企画段階のメモや、美術監督の中村光毅氏が同総監督のイメージを視覚化した美術設定、美術ボードだけでなく、キャラクターデザインを手掛けたアニメーション・ディレクターの安彦良和氏が、アムロやシャアら、魅力的なキャラクターを柔らかく美しく描いた原画の数々を展示。ガンダムやザクなど、クールなモビルスーツをデザインしたメカニックデザイナー、大河原邦男氏の多様な設定画も公開されるようですよ。

また、原寸大のガンダム・ヘッドや最新ダイジェスト映像「ALL G トリビュート・クロニクル Ver.2」のプロジェクションマッピング上映、会期中に期間限定販売のガンプラが登場したりと見所満載です。

開催期間は2015年7月18日(土)から9月27日(日)まで。連邦派もジオンシンパの皆さんも是非お越しを。

image by NorGal / Shutterstock.com

source: 機動戦士ガンダム展 THE ART OF GUNDAM

(ロバーツ町田)