BlackBerry初のAndroidスマホ、CEO自らがコメント…

150614blackberrymwc.jpg

年内にも夢は現実へ?

あの独自のプラットフォームとキーボード搭載デバイスで、ビジネスユーザー向けスマートフォン業界の黎明期を築いたBlackBerry。しかしながら、このところのシェア低迷で、ついに初のAndorid OSが搭載されたモデルの発売へと舵を切るとの気になる噂まで流れていましたよね!

実は先月末にBlackBerryの決算発表会が開催されたのですが、その会場でCNBCは、BlackBerry CEOJohn Chen氏へ直撃インタビュー。ズバリそのAndroidスマホの開発計画について尋ねてみましたよ~。

我が社はセキュアな携帯電話の開発のみを手がける。そして、現在でもBlackBerryこそが世界で最もセキュアな携帯電話だ。それゆえに、もしもセキュアなAndroidスマートフォンを作り上げる道が開けるならば、もちろんその開発にも手を出すつもりだ。

BlackBerry初のAndroidスマートフォンをめぐる噂の真偽を確かめるべく、インタビューに訪れたCNBC記者に対して、BlackBerryのCEO自らが、こんなふうに語ったと伝えられています。これだけでは最終的な判断を下すことはできませんが、いつものように真っ向から噂を否定するのではなく、やや前向きな発言になっているのが興味深いと海外では注目を集めていますよ。要はBlackBerryから、とってもセキュアなAndroidスマートフォンが登場してくるということ?

すでに話題のAndroidスマートフォンについては、スライドするとQWERTY配列のキーボードが飛び出す「Venice」というコードネームのモデルデザインの存在が各所でリーク中。64ビットで6コアのSnapdragon 808 SoCプロセッサー(1.8GHz)を採用し、3GBの本体RAMを装備したパワフルスペックまで伝わってきています。QHD(1440×2560ピクセル)表示の5.4インチディスプレイに、18メガピクセルのリアカメラ、5メガピクセルのフロントカメラを備えるハイスペックモデルとなる可能性が高いんだとか。

どこまで噂を信じてよいのかわかりませんが、かなり詳細なスペックまで伝わってきたほか、11月正式発表が行なわれ、年内の発売に踏み切られるという今後のロードマップまで、すでにインターネット上ではリーク情報として出回っているみたいですね。決して低価格モデルではないのでしょうけど、万全のセキュリティで安心して使えるエンタープライズクラスのAndroidスマホというアプローチから、BlackBerryが復活を遂げる糸口をつかめたらおもしろいかもしれませんよ……。

source: NDTV

(湯木進悟)