今までよりもっと小さく軽くなった「GoPro HERO4 Session」

2015.07.07 10:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

150706-HERO4 Session Image-R.jpg


おっと、マウントは同じ形状ですね。

GoProに新シリーズの登場です。「HERO4 Session」は、HERO4 Black/Silverと比較して50%の小型化・40%の軽量化を果たしたボディに、1080p/60fpsの動画撮影ができるセンサーを組み込んだコンパクトなGoProです。

Wi-Fiも内蔵、ホワイトバランスやISOなどをコントロールできるProtuneでの撮影も可能、フレームの両端を調整するSuperViewも利用できます。外付けハウジングなしで10mまでの防水力を実現、強風や水の影響を受けやすいアクティビティ時にも高音質撮影が可能なデュアルマイクシステムも備えます。

ディスプレイはありませんしバッテリーの持ちも大型の従来機と比べて低下するでしょうが、よりコンパクトなGoProが欲しいというプロユースでは引く手多そうですよ。

おりしもGoProの中間コーデックCineFromがSMPTEで標準化されたばかり。指でかるくつまめるサイズ&ウェイトになった「HERO4 Session」で、より多くの動画が撮られるようになるのかと思うと胸が熱いです。

なお日本でのお値段は5万2000円。7月中の発売を予定しています。


source: GoPro

(武者良太)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO4 ブラックエディション アドベンチャー 4K30/1080p120 CHDHX-401-JP
  • ゴープロ
  • 【国内正規品】 GoPro 純正アクセサリ サクションカップマウント AUCMT-302
  • ゴープロ
・関連メディア