マイクロソフトHoloLensサイエンスプロジェクト、総合賞金50万ドル

マイクロソフトHoloLensサイエンスプロジェクト、総合賞金50万ドル 1

HoloLensで何ができるかな?

マイクロソフトが開発するVRグラスHoloLens。より広く知って使ってもらい、あれこれ使っているうちに、さらに使い道は広がっていくもの。マイクロソフトは、HoloLensはVRの世界だけにとどまるのはもったいないとも考えています。

マイクロソフトが打ち出したのがAcademic Research Request for Proposals。HoloLensの認知度や可能性を広めるため、HoloLensで何ができるか考えてみようというコンテストのようなもの。内容に制限はないものの、マクロソフトが特に興味を持っているのは、データの可視化、STEM(科学、技術、光学、数学)での教育・医療・デザイン学の発展、未来のコミュニケーション、インタラクティブアート、物理関連の5つの分野です。

優秀な5作品には、賞金として10万ドル(約1,200万円)、さらにマイクロソフトHoloLens開発キット2つが贈られます。賞金は応募したアイディアを実現するための資金として、研究機関に直接渡されます。締め切りは9月5日。発表は10月6日を予定。

source: microsoft via engadget

(そうこ)