iPhone 6sのカメラは1200万画素で4K録画にパワーアップ?

2015.07.03 15:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

150703niphone6scamera12mp4krecord1.jpg


今の御時世なら順当な進化?

新色のローズゴールドが登場するともされる次期iPhoneことiPhone 6sですが、名前にsがつくモデルといえば期待されるのがカメラ性能の向上。新たに流出した内部資料によると、iPhone 6sは1200万画素の背面カメラを内蔵し、4K解像度のビデオ録画が可能なんだそうです。


150703niphone6scamera12mp4krecord2.jpg


上の画像は、毎年iPhoneの製造を担当するFoxconnの従業員が入手したとされる内部資料。右側の説明文を見てると、iPhone 6s(コードネーム:N66)とiPhone 6s Plus(コードネーム:N71) は2GBのRAMを搭載するとも書いてありますね。大容量のRAMとおそらく搭載される新プロセッサ「A9」によって、iPhone 6sはますますサクサクになりそうです。

また以前にもされたとおり、240fpsのスローモーション撮影にも対応するとの記述があります。これで鳥とか虫のスローモーション撮影、やってみたいなぁ…。

iPhone 6sではタッチの強さを感知するForce touch機能の搭載も噂されていますし、どうやらただのプロセッサーのアップグレードにとどまらない進化がありそうです。とりあえず、新色で登場するかもしれないローズゴールドを一度見てみたい。これまでスマートフォンで「上品なピンク」ってなかなかなかったですからね~。


source: MacRumors

(塚本直樹)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア