iPhone 6sでは新色とForce Touchが登場、WSJもお墨付き

150709niphone6swsj.jpg

新色は何色になるんだろう?

今年登場するであろう次期iPhoneことiPhone 6s、そろそろ色々な新機能の噂が聞こえていますね。そんななか、ウォール・ストリート・ジャーナルがiPhone 6sの新色の登場タッチ強度を測定する「Force Touch」の搭載を報じています。

150709niphone6swsj2.jpg
画像はイメージです

この新色については以前より、既存カラーのシルバー・スペースグレー・ゴールドに加えてローズゴールド(ピンク)が登場すると噂されてきました。上の画像はファンによるコンセプトイメージですが、こんな上品なピンクなら思わず欲しくなってしまいそうですね! そしてsモデルでは恒例ですが、カメラやプロセッサなどの性能向上も同時にやってくるそうです。

また報道によると、アップルは9,000万台ものiPhone 6sをサプライヤーに発注しているそうです。iPhone 6/6 Plusが2014年に7,450万台が販売されたことを考えると、これは相当大規模な発注ですね。やはり新色の登場によって、それだけ売り上げが伸びると期待しているんでしょうか。

iPhone 6sはこれまでと変わらない4.7インチと5.5インチの2サイズで、9月に登場すると予測されています。Apple Watchでは異例の発売日店頭販売なしとなってしまいましたが、iPhone 6sは例年通りに発売日にストアで買えるんでしょうか。今からiPhone貯金、初めないとな…。

source: 9to5Mac

(塚本直樹)