英国の老舗音楽メディア「NME」の日本語版が本日18時よりオープン

英国の老舗音楽メディア「NME」の日本語版が本日18時よりオープン 1

「洋楽」人気の復権なるか?

60年以上の歴史を誇るイギリスの音楽誌「NME(ニュー・ミュージカル・エクスプレス)」が運営するサイト「NME.com」の日本版「NME Japanhttp://nme-jp.com)」が本日18時よりスタートするそうです。

『NME』の出版局長であるジョー・スモーリーは今回の発表について次のように語っています。「こうして日本でも『NME』を始められることを大変嬉しく思っています。批評眼の鋭い日本のオーディエンスに体験型のイベントとともに『NME』のコンテンツを届けられるのは素晴らしい機会です。(プレスリリースより)

ALL DIGITAL MUSICによれば、本国のNMEは雑誌版がフリーペーパー(無料)になることが発表されたばかり。

かつてはビートルズやストーンズ、セックス・ピストルズからザ・スミス、ブラー、オアシスといったインディーレーベルのアーティストまで、純英国産のロックバンドを次々とフックアップし、シニカルなレビューで絶大な影響力を誇った音楽メディアも、今後は音楽だけでなく映画、ファッション、テレビ、政治、ゲーム、テクノロジーなど幅広いニュースを扱う総合メディアになっていくそう。

NMEは最近始まったApple Musicでも音楽キュレーターとして参加するほど音楽の世界では影響力が強いだけに、「NME JAPAN」が日本でどんなイノベーションを起こしていくのか楽しみです。すでにライブイベントには積極的に取り組んでいく予定で、第一弾は、11月に行われるジーザス&メリー・チェインの来日公演となるそう。

とりあえず、ボクの息子の名前の由来となっているモリッシーと復活したザ・リバティーンズの記事だけは、しっかりと出して欲しい(笑)!

source: NME Japan

(尾田和実)