「Office 2016 for Mac」が正式デビュー。まずはOffice 365ユーザーへ

150710omk00.jpg

待ってた、5年ぶりの正式版

MicrosoftはMac用Officeの最新版「Office 2016 for Mac」を正式リリースしました。今年3月にはプレビュー版が公開されて話題になりましたが、いよいよ正式デビューと相成りました。含まれるのは「Word」「Excel」「PowerPoint」「Outlook」「OneNote」のこれぞOfficeな鉄板5アプリです。

なお、今回はサブスクリプション形態の「Office 365」ユーザーに向けての先行リリースという形となります。パッケージ(サブスクリプションではない買い切り版)としての販売は今年9月頃を予定しているとか。

ビジネスに必須なツール。そして「Office 2011 for Mac」以来となる5年ぶりメジャーバージョンアップです。このタイミングをひたすら待ち続けていたMacユーザーも多いのではないでしょうか。

source: Office Blog

(小暮ひさのり)