電子書籍のおかげで大ヒットしている本は、やはり…

電子書籍のおかげで大ヒットしている本は、やはり… 1

日本でも同じ現象だったりするのかな?

女性が好きなのは心優しきロマンス小説。でも、あまりに激しい描写は絶対にNGですよ。だって、そういうハードコアなポルノ作品とか、決して女性には受けませんからね……。

数年前まで大手出版社において、女性向けのポルノをめぐっては、こういう共通認識があったそうです。思わずドキッとしてしまうエロチックな表紙、人目をはばかるようなタイトルの本を、どんな顔をして書店へ買いに行ったらいいのでしょう? とりわけレジの店員さんにポルノ小説をまじまじと見られながら支払いを済ませる瞬間ほど恥ずかしいことったらありゃしません~。

ところが、このすべてを見事に解決してくれるのが電子書籍。もう周囲の目を気にしながら、コソコソと書店で本を選ぶ必要はありません。さらに、表紙を見れば、この人がどんな本を読んでいるのかがバレバレだなんてこともないので、電車やバスの中でさえ、堂々と読書家っぽい顔をしながらポルノ小説だって読めてしまいますよね。

そんなこんなで今、禁断の女性向けポルノ小説が、北米で空前のヒットを築きつつあるそうですよ! 本屋さんのどのコーナーに置いたらいいの? そんな疑問が投げかけられるニッチなジャンル(例えば宇宙を舞台にゲイロマンスを書きあげた作品とか…)が、電子書籍で爆発的に売れ始めているんだとか。

なお、電子書籍だと誰の目も気にせずにこっそりとポルノ作品を楽しめる……。そういう意識のユーザーは少なくないみたいですけど、注意を一言。あなたが電子書籍を購入したサイトには、あらゆるユーザー情報が筒抜けの可能性は高いということだけは忘れないようにしておきましょう。代表的な例をあげると、アマゾンでは、電子書籍の購入ダウンロードの履歴がすべてトラッキングされているほか、どのページまで本当に読み進んだかまで着実に把握して、その購読状況に合わせて課金する仕組みの導入まで検討されているんですから。

そうはいっても、リアルに店員と顔を合わさず、好きな作品をダウンロードしては読み進められる電子書籍。そのメリットが、ニッチなジャンルも含めたディープな作品の普及に一役買っている現状に、今後も大きな変化はないでしょう。もしかすると、昔は考えられなかったようなヒットジャンルが生まれてきたりもするのかな?

思えばインターネットの普及にも、アダルト業界の活躍がありました。ネットでポルノが身近に楽しめるようになり、おかげでめっきりアダルトビデオが売れなくなってしまったというシナリオが語られることも多かったですよね。ヒットの裏にはエロがある~というのが、いつの時代も人類には共通の変わらぬ事実なのかもしれませんよ。

Top image by Wikimedia Commons

source: The Guardian

Kiona Smith - Gizmodo US[原文

(湯木進悟)