ゼンハイザーの高級ワイヤレスヘッドフォンは、ケーブルがないと使えない?

ゼンハイザーの高級ワイヤレスヘッドフォンは、ケーブルがないと使えない? 1

とても高級でとてもカッコいいゼンハイザー(Senheiser)のワイヤレス・ヘッドフォン、僕は大好きです。ところが残念なことに、今年発売されたMOMENTUM WIrelessはケーブルに繋がないと使えなかったのです。ワイヤレス・ヘッドフォンとしてはかなり致命的な問題であり、ゼンハイザーはこの製品の出荷を中断するという事態になりました。

5月、ゼンハイザーは同ヘッドフォンに搭載されたBluetooth技術に問題が生じていたことを明らかにし、この問題が解決されるまで新しいユニットは出荷しないとの決定を行いました。何に起因した問題なのかは不明ですが、ゼンハイザーはこの一件を「非常に深刻に」受け止めていると同時に、接続問題の影響を受けたのは「非常に少数のヘッドフォン」と語っています。

でも、本当に少数かどうかはちょっと謎ですね。

僕はゼンハイザーのMOMENTUM Wirelessを3セット試しているんです。どのヘッドフォンも美しく、音源の再現性も驚くべきものでした。しかし結局のところ、それぞれのヘッドフォンでまったく同じ問題が確認されました。正確には3つの問題が起こり、そのすべてがMOMENTUM Wirelessの無線関係でした。これは僕だけが見舞われた現象ではありません。接続問題に関する似たような不満は、フォーラムAmazonのレビューでも見つかっています。

一番イライラしたり萎えたりする問題は、交通量の多い場所で突然起こります。混雑したニューヨーク市の道路を歩いていると、オーディオ接続が飛び飛びになったり、ぎくしゃくした感じになったり、あるいは完全に切れてしまいます。おそらく何らかのインターフェースに問題があるため、もっと混雑した道や空港になるとさらにひどい状況になるのではないかと思われます。

下の写真で、僕はプリンス通りとブロードウェイ通りとの交差点に立っています。この場所ではMOMENTUM Wirelessと僕のHTC One M9との接続環境がとても悪く、聴こえてくるのはクリックノイズやチャープノイズの音で、ときどき歌の歌詞が分かる程度なのです。同様の現象は、iPhone 6やMotorola Moto G、HTC One M8との接続でも確認されました。こうした現象に見舞われると、このヘッドフォンは使いものになりません。屋内ではかなり改善されますが、簡単にいうとそれでも完璧とは言えません。

ゼンハイザーの高級ワイヤレスヘッドフォンは、ケーブルがないと使えない? 2

ほか2つの問題は、接続に関するさらに大きな症状だと思われます。1つめは、電話の向こうにいる相手の声がときどき不鮮明になり、ロボットみたいな声になること(マイクがあまり機能していないから、という点に起因して改善できる問題ではありません)。2つめの問題は、iMacと接続しているときに起きます。まるでラジオ局のチャンネルがうまく合わないときのような、昔っぽい雑音が聴こえるのです。屋内では、電話と接続している限りはたいてい良い感じに使えるのですが、デスクトップと接続するときはケーブルを使うようになりました。

いずれも、とりわけ500ドルもするようなワイヤレス・ヘッドフォンでは経験したくない問題ですよね。僕が見つけた唯一の解決策は、MOMENTUM Wirelessをケーブルで電話やコンピューターにつなぐこと。繰り返しになりますが、本来ならワイヤレス・ヘッドフォンでケーブルをつなぐ必要なんてないわけです。

幸いにしてゼンハイザーは原因解明に着手し修正を進めています。もしMOMENTUM Wirelessの接続や音がおかしいなと思ったときは、同社に連絡されることをおすすめします。みなさんのヘッドフォンも同様の症状に起因する問題かどうかを検証し、適宜、交換していただけるかと思います。

なお、今のところゼンハイザーの公式オンラインショップではまだMOMENTUM Wirelessの購入ボタンが非表示となっています。

Adam Clark Estes - Gizmodo US[原文

(Rumi)