冥王星の探査機がちょっとだけ音信不通になっただけなんですってば

冥王星の探査機がちょっとだけ音信不通になっただけなんですってば 1

つい先日、NASAの無人探査機ニューホライズンズが1時間ほど原因不明の音信不通になってしまったんです。これがもし滋賀に住む30歳の息子とかなら全然問題はないんですが、今回はニューホライズンズが49億キロ先の精密機器だったってことで、ちょっと皆パニックになったんです。でも無事にNASAは問題を解決したようです。

探査機が冥王星の近くを通過する準備をしている最中に、一連のコマンドが実行されたんですが、その途中でタイミングの失敗が起きたようです。この欠陥、発見するのが非常に難しく、それが原因で今回の問題は起きたそうです。とにかくこのエラーでニューホライズンズはセーフモードに切り替わってしまい、と同時にNASAの研究者が百人単位で白目をむいて気絶したわけですね。

問題が無事わかった今、ニューホライズンズは通常の運行に戻っています。7月14日には冥王星の近くを通過する予定です。通常の運行に戻るまで2日ほどかかってしまったため、集めたかったデータはその分失われたわけですが、NASAによると「ま、たいしたことはない」ということ。

科学的な見地から言うと、今回のエラーは、このプロジェクトの評価をA+からAに下げるほどのものですらないんです。

(サウスウェスト研究所、ニューホライズンズ主任検査官 Alan Stern)

source: NASA

Chris Mills - Gizmodo US [原文]

(塚本 紺)