学生開発の「Scalevo」。車椅子を本気で進化させたらこうなった

wheelstairs.jpg

これに乗ってどこに行こうか?

スイス生まれの車椅子「Scalevo」。普通の2輪に加えてキャタピラが付いており、階段を登ることができます。階段に差しかかるとセンサーが階段の幅を感知し、手元の操縦桿でスピードを調節するだけで登れるんです。

そしてなんとバックガイドモニター付き! モニターで後ろを確認しながら進むことができるので、安心感がありますよね。これなら補助者なしでも大丈夫そう。

backmonitor0708.jpg

また特筆すべきは、このプロダクトはチューリッヒ工科大学(ETH)やチューリッヒ芸術大学(ZHdK)の10名の学生たちによって考えられたということ。

students0708.jpg

「僕たちはやる気に満ち溢れているよ。なぜならScalevoはただのロボットじゃないんだ。人々の助けになるものだから。僕たちが車椅子の人たちに話した時、みんなこのアイディアを気に入ってくれているんだよ」

Scalevoはまだプロトタイプで、製品化に向けて開発が進められているそうですよ。バリアフリーが進められている今日ですが、歴史的な建造物など、まだまだ段差が多い場所があります。もし世の中全ての車椅子がScalevoに変わったら…車椅子の友人と神社の階段を登ったり、そんな素敵な未来が実現しそうです。

source: SCALEVO, via Fast Company

(前田真希子)