日本版も欲しい、その場所の騒音レベルがわかるマップ!

150710soundmap.jpg

住む場所を決めるときに重要な要素はなんでしょう? 価格、公共交通機関の便利さ、スーパーの近さ…でも、パッと見ではわかりにくいものの、考慮しないとあとで泣きを見る要素があります。それが「騒音」です。

そんな騒音を視覚的にわかりやすく表したのが「HowLoud」です。カリフォルニア工科大学の数学者Brendan FarrellさんのつくったこのHowLoudは、様々な都市騒音を考慮したスコア「サウンドスコア」に基づいて地図に色がつけられています。通りの交通パターン、飛行機のフライトパターン、近隣で行われているビジネスのタイプ、時間帯や騒音の激しさなどの情報まで使用されているんです。

150710soundmap2.jpg

それだけの情報があれば騒音に関して十分な情報が得られることでしょう。こうして高速道路沿いの家を見れば一目瞭然です。でもFarrellさんはそれだけにとどまらず、サウンドスコアをリアルタイムに反映する街のデジタル3Dモデルまでつくっちゃいました。これには、都市部の環境での音の反射まで考慮に入れてあります。これらのデータはランク付けされて、その不動産がどれだけうるさいかという最終スコアが算出されます。マップ上の低い数字/赤い部分はうるさく数字が高い/緑色だと静かです。

150710soundmap3.jpg

今までのところロサンゼルス郡とオレンジ郡しかマップ化されていませんが、Farrellさんは北米全部をマップ化しようというKickstarterキャンペーンを始めています。実はこの騒音マップに似たマップはすでに存在するのですが、Farrellさんの騒音マップは、もっと細かく、建物の特定の階、特定の側面などの騒音も出せるそうです。

お隣さんが夜な夜な一人で歌を歌うとか、そういうのは考慮されているのかどうかは分かりませんし、残念ながら日本のマップは存在しませんが、ロサンゼルス郡やオレンジ郡に近々仕事や旅行で行かれる方は使ってみられるといいかもしれませんね。

source: HowLoud via Curbed LA

Alissa Walker - Gizmodo US[原文

(abcxyz)