授業中のひまつぶしに最適な鉛筆の芯アート

授業中のひまつぶしに最適な鉛筆の芯アート 1

今一番アツいかもしれない授業中アートはこれ。

授業中にもかかわらずギズモード読んじゃってるそこのあなた。その持て余した時間をアートに費やしてみてはどうでしょう。

ロシアのSalavat Fidaiさんは時間を無駄にしなかった人のひとり。彼はX-ACTO(エグザクト)というナイフ1本で鉛筆の芯に精密な造形物を掘るアーティストです。

その彫刻はエッフェルタワーや宇宙飛行士、これどうやったの?って思ってしまうハートのリング中にハートが組み合わさっているものまで多岐に渡ります。Salavat Fidaiさんのインスタグラムでは鉛筆の芯アートができる工程も見ることができますが、本当に細かい! 神業です。

なぜ鉛筆の芯に掘ろうと思ったのかは不明ですが、仏師が仏像を彫る特に「木の中に仏が見えた」のと同じように「芯の中に宇宙飛行士が見えた」のかもしれません。

The process of carving the Eiffel Tower into a pencil tip. Music by @weareforhere

Salavat Fidaiさん(@salavat.fidai)が投稿した動画 -

Together forever! You forgot: Soon Valentine's Day! (Inspired by #DaltonGhetti ) SOLD!

Salavat Fidaiさん(@salavat.fidai)が投稿した写真 -

Guitar Inspired music by #EstasTonne (Sold)

Salavat Fidaiさん(@salavat.fidai)が投稿した写真 -

source: Salavat Fidal via MY MODERN MET

(前田真希子)