任天堂、代表取締役社長の岩田聡氏が死去

任天堂、代表取締役社長の岩田聡氏が死去 1

ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。

2015年7月11日に、任天堂代表取締役社長である岩田 聡氏が逝去したと、同社のプレスリリースが伝えています。

胆管腫瘍が原因で、享年55歳。2014年6月に精密検査の結果、胆管に腫瘍が発見されるなど、体調不良が懸念されていました。

この事を受け、今後、代表取締役はNINTENDO64、ニンテンドーゲームキューブ、Wiiの設計開発責任者など、ハードウェア製作の中核を担ってきた竹田 玄洋氏と、『スーパーマリオシリーズ』や『ゼルダの伝説シリーズ』などの生みの親である宮本 茂氏の両名が就任するようです。

任天堂、代表取締役社長の岩田聡氏が死去 2
アメリカのツイッターでも、ミスUSAおしのけてトレンディングトピックに

image by Barone Firenze / Shutterstock.com

source: 任天堂

(ロバーツ町田)