ピクサーの中の人がロボットを作ったら当然かわいくなりました

ピクサーの中の人が感情を表すロボットを作ったんですが、これがピクサーの映画キャラクターみたいにとにかくかわいいんです。ピクサーのテクニカル・ディレクターであるアロンソ・マルティネスさんが作ったこのロボットはミラという名前だそうです。

アロンソさんが「いないいないバー!!」とミラをあやすと、それに反応して喜んだりします。アロンソさんが顔を隠すとミラは色を変えて悲しみます。でも顔を見せるとミラは喜んで跳び跳ねて鳴き声をあげるんです。こんなロボット自分の机に一つ欲しいですね...

一般販売するのかについては何も発表されてませんが、アロンソさんはミラをさらに発展させて、人間とのやりとりを本物のようにしていくつもりのようです。

ミラはあなたのデスクの友達で、生活に笑顔を少しずつ増やしてくれます。

このプロジェクトは人間とロボットのやり取りと感情に関する知能を探究するのが目的です。現時点ではミラは顔を認識し、トラッキングすることでユーザーと「いないいないバー」をして遊ぶことができます。ミラがもっと環境や人びとの感情をさらによく理解したら、やりとりももっと有意義なものになるはずです。

source: YouTube via IEEE Spectrum

Andrew Liszewski - Toyland[原文

(塚本 紺)