進化する技術、加速する人間感。ハリウッドのデジタル人間の作り方

数年前とは比べ物にならないリアルさ。

人間の動きを再現するコンピューター・シミュレーションは、ここ数年で飛躍的に進化しました。この動画では、その技術の最先端が映され、ハリウッドのスタジオでいかにして私たちが普段スクリーンで見ているデジタル人間が緻密に、そして精巧に生み出されているかがとらえられています。

このThe Creators Projectの序盤で、高解像度で顔や身体をスキャニングする技術がどれほど映画産業に影響を及ぼしたかが説明されていて、制作には想像もつかないほど膨大な量のデータが必要なことがうかがえます。誰でも体験したことがある感情だとは思いますが、コンピューターで作り出された人間は時に不快感を与えてしまうもの。特に一人の研究者が自分の娘のデジタル版を作り出す部分なんかは正直不気味。しかし、この動画でわかることは、本物の人間と見間違えるほどコンピューター・シミュレーションの技術は間違いなく急速に進歩し続けているということです。

source: Vimeo

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(SHIORI)