ブルジュ・ハリファの建築家、さらに高いビルを設計中

ブルジュ・ハリファの建築家、さらに高いビルを設計中 1
Guilhem Vellutさんが撮影したブルジュ・ハリファからの景色(Flickrのクリエイティブ・コモンズ画像)

記録を競う不動産業界は、変わったロジックと不思議な思考に満ちてますな〜。

世界一高いビルを建設したあの街は、ビル設計を行った建築家に今回新たな任務を依頼しました。それは、世界一高い商業ビルをデザインすること。その名も「ブルジュ 2020」です。

新しいビルは、世界一高い展望台の記録を樹立予定。これによりブルジュ・ハリファの展望台は無残にも世界第三位に沈んでしまいます。

ブルジュ 2020の構想は、実は2013年から持ち上がっており、プロジェクトを請け負う建設デベロッパーは、ブルジュ・ハリファや高さ1,000メートルのキングダム・タワー(サウジアラビアのジッダで現在建設中)をデザインしたシカゴのデザイン会社Adrian Smith + Gordon Gillを設計担当として選定したことを今年6月にアナウンスしました。ちなみにSmithさんとGillさん、ブルジュ・ハリファの設計時はエイドリアン・スミス(SOM)で働いていましたが、その後独立してデザイン事務所を設立しています。

このニュースを最初に報じたThe Nationalは2020の高さについてふれていません。が、どうやら地球上にある全商業ビルで一番高いビルを目指すようです。一方、ブルジュ 2020のツイッターアカウント(今は死んでる?)では、高さ660メートル、15階に達すると発表されています。これが本当ならビル全体はブルジュ・ハリファの高さに届きませんが、ビルの頂上に作られる展望台の高さはブルジュ・ハリファを超えることができそうですね。また、今のところ世界一高い展望台は広州塔の中にある展望台(地上488メートル)なので、こちらの記録を破ることもできそうです。

ブルジュ・ハリファの建築家、さらに高いビルを設計中 2
SkyDivedParcelさんが撮影したブルジュ・ハリファの展望台(Flickrのクリエイティブ・コモンズ画像)

ドバイは10万平方メートルものさらなるオフィス空間を欲しているのでしょうか? 「2020」というビル名は、5年以内…つまり2020年に行われるドバイ万博を意識したネーミングであることを覚えておいてください。ドバイが入札で勝ったときに私たちが説明したように、万博主催を実現する70億ドルという値付けには大規模なインフラ構築や建設も含まれますが、不動産投機を推し進め、巨額の借金を負うことでアラブ首長国連邦の経済にとって厄介な存在になる可能性もはらんでいます。

世界一高いビルをいくつか手がけてきた建築家二人組を雇うことで、2020は希望に満ちているかのように見えます。これはドバイにとって良いことなのか、それとも…? 答えは質問する相手によって変わりそうですね。米ギズモードがSmith+Gillにコンタクトをとっていますので、新情報が入り次第お伝えしますね。

Kelsey Campbell-Dollaghan - Gizmodo US[原文

(Rumi)