「音質悪すぎ」ニール・ヤング、自身の曲すべてをストリーミングサービスから削除

「音質悪すぎ」ニール・ヤング、自身の曲すべてをストリーミングサービスから削除 1

今回は、お金の問題ではありませんでした。

16日未明、ニール・ヤングがストリーミングサービスから彼の曲をすべて引き上げるとフェイスブックとツイッターで表明しました。理由は音質に対する不満があったから。

フェイスブックページで彼は、「もう俺の曲はすべてのストリーミングサービスから削除したよ。とても販売できるようなシロモノじゃないからね。ストリーミングはオーディオ環境として史上最悪だ」とコメントしています。

ニール・ヤングといえば、「スタジオで収録されたマスター品質のデジタルミュージックを、考えられる限りの最高音質で再現する」という触れ込みのハイレゾプレイヤー「Pono」をプロデュースするほど音質にこだわるお方。そういう意味では態度が一貫していますね。

ですが、彼の数々の名曲が永遠にストリーミングから消えるかといえば、そうでもなさそうです。こうとも言っていましたから。「可能性はまだあるよ。ストリーミングの音質がよくなったら、また戻ってくるから」。

Image by shutterstock

source: The Verge

(ギズモード編集部)