あなたのスマホを本気撮影機材にパワーアップ!

あなたのスマホを本気撮影機材にパワーアップ! 1

スマホの性能を最大限引き出します。

スマホでキレイなムービーは撮れないと思っていませんか? そんなことはありません。iPhoneで撮影したムービーをあえてベントレーが2年連続CMに使うなど、スマホのカメラも決してバカにできない性能になってきているんです。

でも、どうやったらその性能を最大限引き出せるのか。このアタッチメントを使えばその悩みが解決するかもしれません。

あなたのスマホを本気撮影機材にパワーアップ! 2

この「Indie Vice」はスマホの性能を最大限に引き出すためのアタッチメントです。ではどうやって引き出すのか。その答えは、なぜ普通に撮影してもきれいに撮れないのかという問いの答えと同じです。

それはカメラ以外の様々な周辺機器が足りないから。同じカメラでもその性能を最大限引き出すには周辺機器が重要です。あのベントレーのCMのメイキング映像を見ると様々な周辺機器がiPhoneにくっついて活躍していますよね。

その様々な周辺機器はスマホにそのまま取り付けることはできません。それをこのIndie Viceが全て背負ってスマホに繋げてくれるんです。

三脚穴(1/4インチ)を3つ用意し、外部マイクや、ストロボ、照明やディスプレイ、三脚など必要な外部機器を接続できます。またIndie Viceの持ち手にはズームボタンが用意されており、スマホとBluetoothで接続しズーム機能を手元で操作することが可能です。

あなたのスマホを本気撮影機材にパワーアップ! 3

また、ただ単に周辺機器がつくだけではありません。スマホのレンズもパワーアップできるんです。スマホ用外部レンズがあるように、このIndie Viceにも専用の外部レンズが用意されています。さらには専用のマウントアダプタも用意されており、一眼レフ用のレンズを取り付けることも可能です。これがあれば被写界深度の浅い背景が綺麗にボケた一眼ムービーのような映像も撮れるんです。

また、スマホ単体で持つよりも保持しやすさも向上するので手ブレも格段に減ります。ちなみにこのIndie Viceにはスマホの代わりにGo Proをつけるアタッチメントもあり、Go Proを使っての4Kムービーの撮影なんかにも使うことも可能です。

このIndie Viceは現在Kickstarterで出資を募っており、本体だけであれば125ドル(約15,500円)の出資で手にすることができます。また、専用レンズをセットにすると220ドル(約27,000円)。Go Pro用アタッチメントをセットにすると174ドル(約21,500円)。

これら全てに加えて一眼レフ用のレンズを取り付けるアダプタまで用意しても444ドル(約55,000円)で一式揃えることができます。夏のボーナスでカメラを買い換える前に、今使っているスマホを最大限活用してみるのも1つの手かもしれませんよ。

source: Kickstarter

(小山和之)