レタッチは音楽だ!(コントローラ的に)

レタッチは音楽だ!(コントローラ的に) 1

MIDIコントローラ、ゲームコントローラとしても使えますけどね。

みなさーん! 今日もせっせとRAWデータの現像やってますかー!? 露光量とかシャドウとか黒レベルとか明瞭度とかいろんなパラメータがありますが、画面内のスライダーをマウスでドラッグして動かすのって面倒じゃないですか?

シンセみたいにハードウェアなボリウム&スライダーで直感的にいじってみたいとお考えの皆さま。コントローラの数も位置も自由にセッティングできるPalette Gearに熱視線を寄せちゃいましょう。

レタッチは音楽だ!(コントローラ的に) 2

USBポートとOLED小型ディスプレイがついたCoreに、必要に応じてButton、Dial、Slider をマグネットで繋げて独自のレイアウトのハードウェアコントローラが作れるフリーフォームなスタイルがGood!

レタッチは音楽だ!(コントローラ的に) 3

PC/Macの画面上で操作したいソフトを選択。さらに、各コントローラに何のパラメータを割り当てるかプルダウンメニューから選択します。

対応ソフトは現時点でLightroom CC、Photoshop CC、Illustrator CC、After Effects CC、InDesign CC、Premiere Pro CC。またKeyboard Mode、MIDI Mode、Joystick Modeの設定も可能です。

今後も対応ソフトは増やしていく方向みたい。これは何かと生産性アップにつながりそう。

現在プレオーダー受付中。Core、Dial、Sliderが1つずつ、Buttonが2つのAluminum Starter Kitが199ドルです。

source: Palette

(武者良太)