アップルが方針変更? ユーザーの懐事情に応じた広告システムを考案

150721newappleadsmaybe.jpg

どんな広告なのでしょう。

Apple PayにApple Watch、さらにApple Music、アップルが自分の生活にこれ以上食い込んでくるのはもう無理だろうと思っている人、甘い。アップルが最近取得した特許を見ると、どうやらアップルは、ユーザーの懐具合まで把握しようとしているようです…。

米国特許庁から許可がおりたアップルの新たな特許、それは広告関連もの。ユーザーのクレジットカード情報から、ユーザーに見合った品物の広告を出すということ。つまり、クレジット情報からユーザーの懐具合を察して、買えそうな価格帯の品物の広告を出すということです。お財布に優しいと言うべきなのか、余計なお世話というべきなのか…。

このターゲット広告システム自体はさておき、アップルは方向転換しようとしているのかもしれません。ユーザー情報でお金儲けはしないという方針から、使えるもんは使ってマネタイズしましょうという方向へ。

アップルのティム・クックCEOは、ここ数年グーグルやフェイスブックのような、ユーザー情報をマネタイズに利用する企業に対して不快感をあらわにしており、そのやり方は間違いであり、アップルはそんな風になりたくないとまで発言していました。もちろん、現段階では特許を取得しただけで、そのシステムを採用したわけではないのですが。もしかしたら…と、アップルの方向転換を思わせる一因にはなるでしょう。

情報は金のなる木、そんな時代ですもの。

image by Raffael Hannemann

source: USPTO via Business Insider

Adam Clark Estes - Gizmodo US[原文

(そうこ)