なぜ、サイの角にカメラを埋め込むのか?

なぜ、サイの角にカメラを埋め込むのか? 1

守るためです。

この写真に写っているのは、機器を取り付けられた特別なサイ。角にカメラを埋め込まれ、首回りにはGPS送信機を付けられ、心拍数までモニターされています。すごい重装備ですね…、でもいったい何のために? その目的とは、単純にサイの生体を遠隔で調査することだけではありません。実は、狩猟を抑制するためでもあります。

このサイに取り付けられた機器の数々は、RAPID(Real-time Anti-Poaching Intelligence Device)と呼ばれるもので、Protectというイギリスの非営利保護団体によって開発されました。すでに南アフリカで試用運転が実施されています。

例えば、機器を取り付けられたサイの心拍数が急上昇もしくは急下降したら、角に埋め込まれたカメラが起動し、周囲の映像を映しだします。そのためコントロールセンターのスタッフがその映像を通して、サイに今何が起こっているのかを確認できるようになるのです。そして、サイが攻撃や捕獲など何らかの被害を受けている可能性が高いと判断された場合、GPSで場所を特定して反狩猟パトロール隊が出動します。

もちろん、サイの角に穴を開けてカメラを埋め込む行為は褒められたものではないですし、正当な手段とは言えないでしょう。でも、狩猟によって命のすべてを奪われることを防ぐためならば仕方ない、必要だという見方も確かにあります。「RAPIDは狩猟の抑止として機能していて、狩猟者たちは体のどこかにこの機器を付けたサイを捕獲リストから外すようになります。」とProtectのディレクターSteve Piper氏がThe Vergeに語っています。

RAPIDはバッテリーの消費を最小限にとどめるように開発されているので、新しい物への交換はサイ一頭の人生の中で数回で済むそうです。さらには、バッテリー自体が必要なくなるよう、動物の動きからエネルギーを作り出す研究が進められているのと同時に、将来的にもっとたくさんのサイにこの機器を取り付ける計画もされています。

source: Protect via The Verge

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(SHIORI)