アップルカー最短の道は、テスラを買収すること?

アップルカー最短の道は、テスラを買収すること? 1

イノベーションの行き着く先は同じ?

破竹の勢いで電気自動車の道を切り開く、イーロン・マスクが率いるテスラ。一方、元祖イノベーションといえばのアップルも、自動運転の電気自動車を開発していると言われています。

似たような研究開発をしているのなら、一緒にやっちゃえば…なんて思っていたのは私達だけではないようです。Piper Jaffray証券のGene Munsterアナリストも、アップルがテスラを買収すべきだと考えているそうです。

実は、アップルは現在2030億ドル(約25兆円!)の現金を所有していることが判明しています。 これだけの資金があれば、テスラを買うことも可能かもしれませんね。もちろん、イーロン・マスクが首を縦に振れば、ですが。

以前にもアップルCEOのティム・クックが株主にテスラの買収を尋ねられた時も、「テスラとの関係は本当にないんだ。この回答で大丈夫かな?」なんて返したりしていました。まぁ、アナリストも株主もみんな考えることは同じってことですね。

ただ、アップルは元クライスラーの幹部を引き抜いたりと自動車の自社開発の手を緩めている様子はありません。アップルがもし自動車を作ったら、革新的な機能はもちろんどんなデザインになるのかな…なんて想像が膨らみますね。

image by Hadrian / Shutterstock.com

source: Cult of Mac

(塚本直樹)