宝くじに不正プログラムをインストールしたセキュリティ担当に有罪判決

宝くじに不正プログラムをインストールしたセキュリティ担当に有罪判決 1

手を伸ばせばそこに14億円があったんですね...。

アメリカの大手宝くじの一つHot Lottoで、当選者を決めるコンピューターに従業員が不正ソフトウェアを仕込んで有罪判決を受けました

その時の賞金は14億円。一攫千金を狙った犯人は捕まり、詐欺行為で有罪判決を受けました。犯人のエディー・ティプトン(52)は当時のマルチ・ステート宝くじ協会のセキュリティ・ディレクターだったそうで、まさに宝くじを不正から守る人だったんですね。Lottoは自分で好きな数字を選ぶタイプの宝くじですが、不正ソフトウェアをインストールして自分の買う番号を当選させようとしたとのこと。ソフトウェアはミッションが完了すると自滅するようになっていたようです。ヤフーではこの事件の詳細を紹介しています。

検察によるとエディー・ティプトンはコンピューターにランダムに番号を選ばせた後、見つからないように自滅するステルス・プログラムを導入したとのことです。ティプトン(52)は賞金を手に入れることはできなかったのものの、二件の詐称罪で起訴されました。

事件のおきたアイオワ州の新聞The Des Moines Registerはこの不正プログラムについて次のように述べています。

ティプトンは2010年11月20日、マルチ・ステート宝くじ協会の当選を決めるコンピュータの時間設定を変更するために部屋に入ったが、その時にランダムな数字を生み出すルートキットをインストールした、として起訴されていた。

ティプトンはUSBドライブをコンピューターに差し込んで、当選番号を操作するルートキットをインストールし、ルートキットはその後証拠を残さないように自滅した。

ティプトンは自分が操作した当選番号で宝くじを買い、それを友人に渡したそうです。しかし彼の計画はここで上手くいきませんでした。というのもアイオワ州の法律では当選者の本人確認をせずには賞金を現金化できないんですね。

ルートキットは自滅したものの、彼の従業員や友人たちがティプトンはロト・チケットを買って友達に渡してたよ、と証言したことで状況証拠から有罪判決となったというわけです。

詐欺罪で1月に逮捕された際にセキュリティー会社をクビになっていましたが、この判決を受けて10年、刑務所に入ることになってしまったのでした。

Image by The Courier-Mail

source: Yahoo

Kate Knibbs - Gizmodo US[原文

(塚本 紺)