「ディズニーランドで生まれた子は入園がずっと無料」は都市伝説でした

2015.07.27 08:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

150723Disneybaby.jpg


ディズニーランド出産を計画してた人はちゃんと病院にとどまって下さい。

日本ではあまり言われないですが、アメリカでは「ディズニーランドで赤ん坊が生まれると、その子は一生ディズニーランドにタダで入れる」という噂があります。

その噂の始まりは1974年7月4日。カリフォルニアのディズニーランドでテレサ・サルセドちゃんという赤ん坊が生まれた時にさかのぼります。トップの画像はその時のニュース記事から。

結論から言うとこの生涯パスの噂は全くのウソなのですが、ビックリするくらい多くの人が信じています。「夢があって良いじゃないか」「ディズニーの宣伝なんじゃ...」と言う人もいますが、おそらくディズニーランド自体も迷惑している噂なんですよ。

なんでかと言うとこれまでこの噂を信じて、陣痛が来たからディズニーランドに来た!という女性が何度もいたからなんです。そうなんです、本当にいるんです。

Laughing Placeという掲示板ではディズニーランドの元従業員がそれにまつわる思い出話を書き込んでいます。

出産前の陣痛を起こした女の人がディズニーランドに来てトイレに隠れるって事件もあったよ。彼女の夫が救護室にやってきて妻がトイレで陣痛を起こしてるって言いに来たんだ。彼女は「赤ん坊がもしディズニーランドで生まれたら生涯入園パスがもらえるはずだ」って言ってトイレから出てこようとしなかった。

奥さん生涯入園パスなんてもらえないんですよって説明したらやっと出てきて、救急車にのってウェスタン・メディカルセンターに運ばれて行ったよ。着いたらすぐに生まれたらしいけどね。

赤ん坊のテレサちゃんは生涯パスはもらえなかったでしょうが(いや本当はもらったんだけど他に真似をする人が出たら困るから秘密にしてるんだ、という人もいるんですが...)、病院にミッキーマウスドナルドダックグーフィがお見舞いに来てくれるというサプライズはもらえました。彼らは「ディズニーランドで最初の出生証明書」をプレゼントしたそうです。

私たちが知ってるだけでも、ディズニーランドで生まれた赤ん坊は4人います。1974年にテレサちゃんが玄関ゲートの近くのベンチで生まれて以来、1984年に救護室で1人、2002年には従業員用のオフィスで1人生まれていて、一番最近では2012年駐車場で赤ん坊が生まれています。

不思議なことにディズニーランドで生まれた赤ん坊はすべて女の子だったそうです。なので生涯パスは要らないけど「ディズニーランドで最初に生まれた男の子」の称号が欲しいのであればディズニー出産もありなのかもしれません。


Matt Novak - FACTUALLY[原文
(塚本 紺)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ディズニー・ショートフィルム・コレクション ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
  • ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • トイ・ストーリー・オブ・テラー! ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
  • ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
・関連メディア