23日はホットドッグの日。荒野を駆けるウィンナーがホットドッグを届けました

ウィンナーがものすごく勇ましくみえてくるから不思議です。

食品会社オスカー・メイヤーが宣伝のために走らせてきた、ホットドッグ型の車ウィンナー・モービル。そのラジコンバージョン「Weiner Rover(ウィンナー・ローバー)」が登場しました。ウィンナー・モービルは、基本的に舗装された道を走るようデザインされています。そのため「このままではアウトドア派の人にホットドッグを届けることはできない!」 ということで開発されたのが、ウィンナー・ローバーなのです。

ピクニックの中を突き進んだり、バーベキューを飛び越えたり。険しい道を乗り越えて、お腹を空かせた自然を愛する人々にホットドッグを届ける任務。ある意味、NASAが月や惑星に送ったローバーと同じくらい人類に貢献しているともいえそうです。

ウィンナー・ローバーの長さは約1メートルです。約8.2メートルのウィンナー・モービルよりは小さいものの、 普通のラジコンよりはがっしりしてます。でこぼこ道を走ったり、ジャンプしたりしても大丈夫。積み込んだホットドッグを、しっかり守り抜くことができます。

残念ながら一般向けに販売する予定はないようです。次は、空飛ぶウィンナー・ドローンとか作ってくれないかな...。

source: Twitter - Oscar Meyer

Andrew Liszewski - Gizmodo TOYLAND[原文

(Haruka Mukai)