実験で成功。エボラ感染を防ぐ可能性のあるワクチン

実験で成功。エボラ感染を防ぐ可能性のあるワクチン 1

近年西アフリカで猛威を振るったエボラ出血熱。症状が進行すると全身から出血するということも恐ろしいですが、何よりも治療薬もワクチンも存在しないという事が恐ろしいウイルス性感染症です。でも科学者たちも指をくわえてみているだけではありません。あるワクチンが、サルを使った実験で大きな成果を上げているんです。

ジャーナル・オブ・クリニカル・インベスティゲーションで発表された論文によれば、肺へと吸入することで免疫細胞を活性化してエボラウイルスから守る、新たなタイプのワクチンが紹介されています。行われた動物実験では、12匹の猿にワクチンを与え(うち8匹は吸入、4匹は注入)その後エボラウイルスを注入しました。他にも2匹の猿がワクチンは投与されずエボラウイルスのみ注入されました。結果、ワクチンを受けていないサルたちは死に、ワクチンを受けたサルたちは健康なままで、器官からウイルスの痕跡が見つかることもありませんでした。

吸引式のエボラワクチンが出れば、これは二つの意味でいいニュースです。まずはこれまで開発が成功したことのないエボラ用のワクチンだということ。これでエボラの脅威が低くなるわけです。そしてもう一つがワクチンが吸引式だという事。医師や看護師による助けなく投与することができるかもしれず、そうなれば発展途上国でワクチンを広めることが容易になるでしょう。

この期待のワクチンにとって次のステップは臨床試験。もちろんサルでの実験が成功したからと言って人間での臨床試験も必ず同じようにうまくいくとは限りません。でも過去18か月の間に西アフリカで1万1000人以上の人命を奪ったエボラとの戦いに、希望をもたらしてくれたのは事実でしょう。

source: JCI via New York Times

Chris Mills - Gizmodo US[原文

(abcxyz)