グーグルがベジタリアンハンバーガーのスタートアップを買収するかも

グーグルがベジタリアンハンバーガーのスタートアップを買収するかも 1

グーグルバーガーとか作ってみてほしいです。

ハンバーガーのスタートアップ「Impossible Foods」を、グーグルが買収しようとしているそうです。グーグルは2〜3億ドル(約250〜370億円)での買収を提案していて、Impossible Foodsと話し合いを続けているとのこと。

Impossible Foodsは、植物性食品のみで作るチーズバーガーを開発しているスタートアップ企業。スタンフォード大学の生物学者Patrick O. Brownさんが設立し、あのビル・ゲイツからも投資を受けています。彼らが目指すのは「植物を使って至上最高の肉とチーズを作る」こと。

こういった、フェイクミート業界には、ビル・ゲイツをふくむテック界の大物たちが興味を示しているようです。たとえば、ツイッターの共同設立者のエヴァン・ウィリアムスはフェイク鶏肉を販売する「Beyond Meat」というスタートアップを支援しています。

グーグルの共同創業者セルゲイ・ブリンも2013年ごろから人工肉の研究に投資しています。さまざまな問題を抱えている食べ物の未来について、セルゲイ・ブリンは当時こんなふうに語っていました。

一つ目のシナリオは、みんながベジタリアンになること。ただこれは現実的ではない。二つ目は問題を無視すること。こうなると環境には悪影響を与えつづけることになってしまう。そして三つ目のシナリオは、何か新しいことをやってみることだ。

食べ物の未来のために新しいことをやってみる。まさにこれからグーグルが実現しようとしていることなのかもしれません。ファストフードから宇宙まで。グーグルのビジネス領域の拡大にわくわくするような、ちょっと末恐ろしいような…。

source: The Informaton via Business Insider

(Haruka Mukai)