10万発の花火をお互いに撃ち合う花火大会があります

日本の花火ってすごいですよね。東京だけでなく全国各地に有名な花火大会があって、しかもどれもすごくハイレベル。皆さんもちょっとやそっとの仕掛け花火じゃ感心しないんじゃないでしょうか。そんな目の肥えた皆さんもビックリの花火大会がこちら。

ギリシャのヴロンタードスという村では、人々が自作の火薬ロケットをお互いに撃ち合う花火合戦が行われます。その数およそ10万発

小さな村の2つの教会がお互いに向かって花火で襲撃するこの模擬戦争は普通の花火大会とは違って…。というか花火大会じゃないですよねこれ。ロケットはあらゆる方向に飛び回り、確かに映像で見る分にはとってもキレイです。

200年以上続いているというこちらの伝統を短編ドキュメンタリーにしたのがこちらの映像。この起源について次のように語っています。

一つの説としては、トルコに占領された時にそこで内戦が起きてるように教会が見せかけようとしたのが始まりというのがあります。それによって戦争の被害を受けずにイースターを祝うのが狙いだったんじゃないかということです。その説によるとその策は上手く行き、トルコ人たちはこの土地から距離を置いたため、村人はイースターを無事祝うことができたようです。

Casey Chan - SPLOID [原文

(塚本 紺)