Windows 10使った3、4日目の感想 - ゲーム編

2015.07.29 13:15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

150725Win10_Day3_4.jpg


Windows 10でLANパーティーやってみました! 最高だった!

そう、ナードがPC持ち寄ってローカル対戦して叫び合うLANパーティー。

いい歳こいて何やってんだよ!って言われそうですが、やってみたんです。

母艦にWindows 10入れて1週間試す約束ですからね。ゲームでどうよ、っていうところも試さなきゃ。となればLANパーティーやるしかないでしょってことで、近しい友だちとその友だちにWindows 7、Windows 8のマシン持ってきてねって親友の家に集合かけたんです(大量の折り畳み椅子とテーブル持ってきてくれたWillさんサンキュー!)。僕はWindows 10入れたばかりのPC 2台と差し入れを車1台分もってきました!

一応ここはマゾに徹してパソコンは下準備ゼロに。

グラフィックス専用ドライバーのアップグレードもなし、ファイルのバックアップもなし、Steamアカウントとかゲームが正常に動くかどうかのチェックもなし。デスクトップPCからケーブル引っこ抜いて、周辺機器バッグに詰めて、車のトランクにそっと置いて移動しました。伸るか反るかの勝負。もしWindows 10がゲーム処理できなければ、せっかくの楽しいプレイタイムがPC直すんで終わってしまうという趣向です。

正午を回ると、みんなぞろぞろと集まってきました。電源ケーブルは30メートル分、カテゴリ5Eとカテゴリ6の接続ケーブルも同じぐらい用意しました。全員ローカル接続するっていうとこれぐらいは必要ですもんね。で、それを家の15アンペアの回路3つに分けて繋いで、ブレーカーが落ちないようにしました(それでもゲームの途中で1つ落ちて4台やられた。マシンは大丈夫だったけど)。

まだインストールしてない人もいたので、僕のPCからゲーム配ろうと思ったんですけど、Windows 10マシン君、ゲームはこれが初めてなので、ゲームのバックアップ専用フォルダをネットワーク経由で共有する方法がわからなくてモタモタモタモタ。

今どきLAN接続でPC使う人も珍しい(開発者もLAN対応ゲーム開発はやめてしまった)ので、これはしょうがないですけどね。でも、普段つながってないパソコン同士で迅速&簡単にファイル共有するのがこんなにやりづらくなっていたとは知らなかった。共有したいフォルダの上で右クリックして「共有」選んでも、「フォルダは共有できません」という警告が出るし。「全員」ネットワークで繋がってる別のフォルダの共有も試みたんですが、友だちのマシンからは見つからないし。


150725Win10_Day3_4_a.jpg


結局ユーザーアカウントを新規作成して、全員に手動でWindows Explorerに僕のパソコンの名前を入力して、そのアカウントで僕のパソコンにログインしてもらったら、こっちのゲームのバックアップにも全員アクセスできるようになりましたけどね。この方法だとWindowsは3世代のOS共通でシェアできます!


150725Win10_Day3_4_b.jpg


ただこのプロセスがちょっとね、やりづらかったです。Windows 10で新規ユーザーアカウントを作ると、家族用アカウント追加する想定で、Microsoftのメールアドレスを入力するように求められるんです。「いいえ、メールアドレスはもってません」と答えると、「今すぐMicrosoftアカウントを作成しますか」と聞かれます。

Windows 8では、パスワード保護のかかった共有をOFFにするだけで誰でもファイルが閲覧できたのに。Windows 7のファイル共有はさらに簡単だったんだけどなあ。あ、すみません、横道でしたね。

ほどなく全員つながって対戦開始。Halo、Unreal Tournament 3、Duck Game。「タイタンフォール」の巨大殺戮マシン、「Soldat」のチェーンソー、「Crysis Wars」のプレデター風クローキング、「Trouble in Terrorist Town」で裏切り者じゃないって何度も嘘ついて遊びましたよ。この最後のは、全員テロリストなのだけど、仲間の皆殺しを企てる極悪人が何人か混じってる想定のゲームです。おもしろいよ~。

あ、ゲームの話よりPCですけど、正直、なんの問題もなかったです。1回だけ動作がストップしたんですが、それは僕がファイアウォール無効化するの忘れてゲームをホストしようとしたからだったという…。Steamのゲームは全部元の場所にあって、問題なく動きました。保存したゲームも無傷。解像度の設定とコントロールをやり直さなきゃならないゲームも何本かありましたが、それも素早くスムーズにできましたよ~。

さて、LANで遊んだゲームは古いのばかりだったんで、次の日、寝坊して3時ぐらいにやっと頭が起きてきたんで、比較的新しいゲームを試してみました。 デスクトップPCにWindows 10インストールする前に、Windows 8でいろんなゲームのベンチマークをやった後だったので、同じマシンで同じことを今度はWindows 10でやってみたんです。

[計測したゲーム]

トゥームレイダー
クライシス 3
グランドセフトオート5
ザ・ウィッチャー2
バイオショックインフィニット
バットマン アーカム・シティ


150725Win10_Day3_4_c.jpg


遊んだことある人はわかると思うけど、どれもいろんな理由で要求スペックは高いゲームです。「ザ・ウィッチャー2」はDirectX 9のパワーがかなり必要で、 「バットマン アーカム・シティ」は PhysX機能つきで、「トゥームレイダー」はララの髪とかポストプロセス大量投入で、「クライシス3」はクライシス、「グランドセフトオート」もグラフィック負荷は相当のもの。

なのにバットマンを除けば全部Windows 10の計測値もWindows 8と同じでしたよ。どれも許容誤差範囲内。バットマンだけはフレームレートが半分近くまで減ってたので目が点になりましたけど、これはNVIDIAのサイトでグラフィックドライバをWindows 10対応のにアップデートしたら、普通に直りました。本当はGeForce Experience対応アプリとかWindowsアップデートでここまで認識して対応してくれてたらよかったんだけど、解決したので良しとしなければ。

というわけで、Windows 10はゲームでもいけるってことで。LANパーティー楽しかったなー。

次回はWindows 10使って気づいたトラブルの解消法と、未だに対処がわからないトラブル!をまとめてご紹介します。


*本稿では7月29日正式リリースのWindows 10を1週間試してみた感想を連続シリーズでお届けしています!



Sean Hollister - Gizmodo US[原文
(satomi)
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア