Windows 10公開で通信トラフィックが史上最大になりそう

win10traffic.jpg

たしかに今回のプロジェクトは、「史上最大規模のオンライン配信」になりそうですね。

Windows史上最高とうたわれるあの新OSは、今、インターネットの史上最高記録も塗り替えようとしています。グローバルに展開する調査会社フロスト&サリバン社と協業を行うアナリストDan Rayburnさんは、自身のブログStreamingMediaBlog.comで「Windows 10のローンチは、インターネットの回線に深刻な打撃を与える可能性がある」と予想しています。

昨年9月、iOS 8が公開されたとき、ラストマイル(最寄りの加入者局から自宅までの通信回線)に通信トラフィックは2時間ほどの間、通常時より50%以上増加し、ピーク時には3Tbpsを記録しました。

これに対し、Windows 10(約3GB)のローンチではiOS 8の13倍にあたる40Tbpsとなるだろうと予想されています。接続プロバイダー各社もこれを黙って見ているわけはなく、音楽や動画サービスなどを利用するユーザーに対する支障がでないよう、Windows 10のダウンロードには速度制限が設けられるだろうと語っています。

一方、Windows 10はユーザーに対して順次配信する方式をとっているため、実際にどの程度の影響を及ぼすかは未知数ではあります。しかし無料アップグレードの対象マシンが過去類をみない規模感なだけに、そのゆくえが気になりますね。

top image by Stanislaw Mikulski via Shutterstock

source: StreamingMediaBlog.com via Computerworld

(Rumi)