Windows 10のCortana、日本語にも数ヶ月で対応します

Windows 10のCortana、日本語にも数ヶ月で対応します 1

どんな声をしているんだろう?

アップルのSiriやグーグルのGoogle Nowに続けとばかりに、マイクロソフトから登場した音声アシスタント「Cortana」。遂に、日本でのサービス開始時期について発表がありました。

ます、7月29日のWindows 10発売時の対応国はアメリカ、イギリス、中国、フランス、イタリア、ドイツ、スペイン。さらに数ヶ月で日本、オーストラリア、カナダ、インドでサービスが開始されるそうです。

このタイムラグについて、マイクロソフトは国ごとの文化の違いや特徴を注意深くローカライズしているからなんだそうです。たとえば同社がイタリアで調査を行った際、イタリア人は自国のスクーターに関するジョークが嫌いなことを発見。そして、イタリア版のCortanaからはそのようなジョークは取り除くようにしているそうです。Cortana、思っていたよりもずいぶん気配り派みたいですね。

パッケージとしては最後の製品になるといわれるWindows 10ですが、パーソナルアシスタントのCortanaの登場で私達にどれだけ歩み寄ったOSになるのか注目ですよ。

source: THE VERGE

(塚本直樹)