Windows 10いよいよ準備完了?実質RTM版と思われる最新ビルドが配信開始

米国時間の7月15日、マイクロソフトはWindows 10の最新ベータ版のビルド10240を提供開始しました。13日にInsider Programの停止を発表し、その後出た最新のベータ版がこれ。マイクロソフトが公言しているわけではありませんが、実質的にはRTM(製造工程向けリリース)版と言われており、ほぼ製品版に近いとか。

その理由として考えられるのが、1つは発売日の7月29日を考えるとそろそろRTM版を出さないと間に合わなくなるということ。2つ目は、背景に入っていたビルドナンバーの透かしがなくなっていること。

そして3つ目は、10240という数字がちょっと特別な数字だということです。10240=1024×10で1024は210。つまり10240は2の10乗の10倍なんです。Windows 10だけにこの数字をベータ版の最終に持ってくるのもありそうな話というわけなんですね。

今回のビルド10240で特に強化されているのがIEの後継ブラウザ「Edge」。マイクロソフトはGoogle Chrome比でより高速であることをうたっており、よっぽどChromeに負けたくないのかなとか勘ぐってしまいます。とはいえIEのいくつもの問題点を解決するはずのEdgeですからここには期待したいと思います。

このビルド10240はWindowsアップデートから提供されているとのことなので、既にInsider Porgramでベータ版を使っている方は早速アップデートしてみましょう。ちなみに実質RTMとは言われているものの、マイクロソフトは今後も発売までアップデートを続けていくと述べており、プレビュー版を利用している方は引き続きアップデートをチェックしておいた方がよさそうです。

image by Anton Watman / Shutterstock.com

source: The Verge

(小山和之)