Amazonプライムデーの今日、「2億円のワケ」を天野喜孝さんに聞いてきました

2015.07.15 21:15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

150715amazon_amano03_DSC03372.jpg


きっとAmazon史上最高額でしょう。

2億6000万円(本日2015年7月15日限定のプライムデー価格で2億円)という「黙示録」原画12点+DVDセットが話題の天野喜孝さん。

タツノコプロで「タイムボカン」シリーズなどのキャラクターデザインを手掛けた後、ファンタジー画・装丁画で活躍。その後手掛けた「ファイナルファンタジー」のキャラクターはギズモード読者にも馴染み深いのではないでしょうか。

そんな天野さんに、まさに今日お話を伺うことができました。さっそく録って出しでその模様の一部をお届けします。


150715amazon_amano01.jpg


すでに小さめのキャンバス作品は原画を販売している天野さんでしたが、Amazonからのオファーにより今回の1000 x 2000mmという大きな作品12点の限定販売が実現したそうです。

2億円という金額設定については、天野さんの絵の適正価格から2億6000万円という金額が算出されたものの、「20周年なのでキリの良い数字に」というリクエストに応じたことでこの金額設定になったとのこと。


150715amazon_amano02.jpg


天野さんに、どうして「黙示録」というテーマで描かれたのか、伺ってみました。

「『黙示録』っていう言葉自体はすでに一般化されていると思うんです。まず『黙示録』という言葉自体にかっこよさがありますよね(笑)。ここでいう黙示録とは『ヨハネの黙示録』のことですが、調べたらフランスのあるところにものすごい量の黙示録をテーマにしたタペストリーがある。大きさが縦3メートルくらいで、横は100メートル以上。それがお城にまで飾ってある。

そんなところからもわかるように西洋ではスタンダードなモチーフ。調べていくうちにそんなことを知って、イマジネーションが刺激されたんです。意味があって、それを踏まえて描いている絵というものに興味があって。それがとてもおもしろいなと思ったんです」


150715amazon_amano04_DSC03421.jpg


そうして天野さんのイマジネーションに火をつけた「黙示録」。ただし、黙示録をフックにして自分の表現したいものを今回表現したという天野さん。

「僕の場合は依頼されて描くことがほとんどだったんですが、描きたいものを描く、というふうに何年か前からするようにしていて、9割方そうなってきています」

だからこそ、このタイミングでのAmazonでの出品ということになったのかもしれませんね。最後に、天野さんに「Amazonって使われるんですか?」と聞いてみました。

CDとか本とかDVDとかを買ってますよ。吉田拓郎のライブCDだったりとか。いつも描いているときは音楽を流しているので」

おお、使ってらっしゃるんですね。なんというか、勝手な親近感が湧いてしまいました。そのほかにも、アナログ・デジタル論などたくさんの話に花が咲いたのですが、インタビュー全文はまた後日。そちらもお楽しみに。


source: 天野喜孝「黙示録」原画12点+DVDセット , 天野喜孝展-想像を超えた世界-公式サイト

(執筆・撮影:松葉信彦、インタビュアー:小暮ひさのり)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【頭金+残額別途銀行振込購入】天野喜孝「黙示録」原画12点+DVDセット(総額2億円)
  • undefined
・関連メディア