YouTube、年内にもサブスクリプション音楽サービスを開始

YouTube、年内にもサブスクリプション音楽サービスを開始 1

もはやレッドオーシャンの様相を帯びてきました。

Apple MusicやLINE MUSICなど続々と新規参入が続くサブスクリプション音楽サービス(定額制音楽配信サービス)ですが、今回新たにYouTubeでCEOを務めるSusan Wojcicki氏が参戦を表明しました。

Wojcicki氏がFortuneのインタビューで語ったところによると、このサービスは広告無しで展開されるそうです。すでに昨年11月からベータテストを開始しており、年末までにサービスを開始する予定なんだとか。

YouTubeが定額制音楽配信サービスに参加するのはごく自然な流れにも感じられます。みなさんも、YouTubeで配信されるミュージックビデオを見たことはあるんじゃないでしょうか? すでにミュージシャンが新曲を披露する場としてポピュラーになったYouTubeですが、同社はミュージックビデオを含めるとなんと世界全体の57%もの楽曲を今年前半に配信したそうです。

一度は否定したものの、Facebookも音楽配信サービスへの参入を検討していると報じられています。やらなきゃやられるの状況を呈するサブスクリプション音楽サービス、各社どのような特徴を出してくるのかが、勝敗の分かれ目になりそうです。

source: Business Insider

(塚本直樹)