ついにここまできた…世界最大16TBのSSDが登場

2015.08.14 11:43
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

150512SSD.jpg


ノートPCがデータセンタークラスに!

SSDは、高速かつ耐衝撃性というメリットがあるものの、値段が高いし容量が少ないんですよね……。だから、大容量モデルのノートPCがほしければ、HDDモデルを選択するという常識が存在してきました。でも、これからは低価格かつ大容量のSSDモデルを選べる時代になるのかもしれません。

このほどSamsung Semiconductorは、米国カリフォルニア州サンタクララで開催されたFlash Memory Summit(FMS)カンファレンスにおいて、世界最大容量となる16TBのSSD「PM1633」を発表。これほどの容量を誇るHDDはまだ世に出ておらず、SSDがはるかにHDDの性能を上回ってしまったことが印象づけられています。さすがにトンでもない値段にはなってしまいそうですが、年内にもコンシューマー向けの提供が開始される予定なんだとか。

PM1633は、Samsung Semiconductorが「V-NAND」と呼ぶ256G-bitの3D NANDチップを採用。縦型を意味するV(Vertical)かつ3Dというネーミングのとおり、48枚のメモリセルを縦方向に3D積層することで大容量を実現しています。また、消費電力の低減や開発製造コストの削減も可能となり、将来的には同容量でHDD並みの値段のSSDが次々と登場してくる流れになるのかもしれませんよね。

なお、FMSカンファレンスでは、ほかにも各メーカーが3D NANDチップの最新技術を披露。これから各社よりモンスター級のテラバイト容量のドライブが出そろうことで、価格競争も進んでいくのでしょう。いつも持ち歩くノートPCのドライブが16TBもの大容量に~。にわかには信じられないスペックですけど、こんなマシンが少し手を伸ばせば買える時代がやってきそうです。


source: ZDNet

(湯木進悟)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Crucial CT512MX100SSD1 512GB SSD Marvell製コントローラー+MLC NAND採用 MX100シリーズ[並行輸入品]
  • Crucial
  • Transcend SSD 256GB 2.5インチ SATA3 6Gb/s MLC採用 3年保証 TS256GSSD370S
  • トランセンド・ジャパン
・関連メディア