180mのすべり台を「女王さまぁぁぁ」と叫んですべりたい

180mのすべり台を「女王さまぁぁぁ」と叫んですべりたい 1

実は大人も大好きすべり台。

日本では五輪に向けて新国立競技場の建設が世間を騒がせていますが、ロンドンでは2012年の五輪のために建てられたアルセロール・ミッタル・オービットという巨大なタワーに関して素晴らしい行政判断が下されました。

元々はロンドン五輪のお祝いとしてエリザベス女王五輪公園に建てられたこのタワー。それをぐるりと5周する180mの巨大トンネル式すべり台が設置されることになりました。180メートル...ウォータースライダーとは違って水が無いのでズボンが破けたりしないかな...と心配になりますね。

180mのすべり台を「女王さまぁぁぁ」と叫んですべりたい 2

気になる利用料ですが、運営側もなんとか安くできないかと苦心しているようです。そうですよね、こういうアトラクションこそ安くないと面白くないですよね。今のところは1人8ドル(約1,000円)くらいのチケット料を見込んでいるようです。オープンは来春予定とのこと。

エリザベス女王五輪公園のビジター担当者は次のように言っています。

世界最長かつ最高のすべり台を使ってアルセロール・ミッタル・オービットから下に降りるなんて、こんな面白い降り方ってないと思いませんか。私たちの目的はエリザベス女王五輪公園を訪れる皆さんにとにかく最高の日を楽しんでもらうことです。私たちの施設全てにおいて、常に来て頂いた方がもっと満足してしてもらえるように新しいことに取り組んでいます。イギリスで一番高い建物にすべり台がくっついたおかげで全く新しい方向性が見えたんじゃないでしょうか。

すべり台の前はただの展望台だったそうなので、確かに新しい方向性まちがい無しですね!

source: City AM

Gary Cutlack - Gizmodo US[原文

(塚本 紺)