アメリカのひき肉の20%は、別の動物の肉が含まれている

アメリカのひき肉の20%は、別の動物の肉が含まれている 1

加工されてすり潰されてしまえば、どんな動物の肉でも見分けはつきにくくなります。今更驚くことでも無い気がしますが、これを悪用している食肉業者がいるようです。最新の調査によると、20%のひき肉は、ラベルに記載されていない肉が入っているそうなのです。

チャップマン大学の研究者達は、アメリカ全土から48種類のひき肉のサンプルを分析し、内容物を調査しました。調査にはDNAバーコーディングとポリメラーゼ連鎖反応の組み合わせを使い、どの動物の肉かを特定し、ラベルに記載されている内容物と比較しました。

その結果、48種類のうち10種がラベルと違う事がわかりました。うち9件はラベル通りの肉に他の肉が混じっているという物でしたが、1つは全く違う動物だったそうです。七面鳥のひき肉が最も差異が酷かった一方、牛肉は全てのサンプルが100%牛で合格だったそうです。

混入の原因は分かっていませんが、工場で清掃が手抜きだった為に交差汚染したか、高い肉の代わりに安い動物を使った可能性もあります。

食肉業者が別の動物を混入させた事を指摘されるのはこれが初めてではありません。数年前、イギリスでは冷凍ラザニアやイケアのミートボールにも使われている肉に馬肉が使われていると判明して大騒ぎになりました。しかし、これはある意味良い教訓かも知れません。ひとたび刻まれ、薬品で洗浄され、ミンチにされてしまえば、中に何が入っているかを知るのは非常に難しいという事です。

source: Chapman via Treehugger

Chris Mills - Gizmodo US[原文

(scheme_a)