新型グーグル・グラスが開発されていた…法人向けとして

新型グーグル・グラスが開発されていた…法人向けとして 1

奴は生きていた…!

一時は開発が頓挫したかと思われた、グーグルのメガネ型PC「グーグル・グラス」。その後、後継機のも流れたりしましたが、どうやらグーグルはすでに企業向けに新型グーグル・グラスの配布を開始しているようなんです。

ウォール・ストリート・ジャーナルによると、この新型グーグル・グラスはさまざまなメガネに外付けできる形状になるそうなんです。つまり、初代モデルのようにスタートレックチックなSF風デザインを身にまとう必要がなくなると…。これは装着のハードルが格段に下がりそうです。

また、インテル製プロセッサによる性能向上やワイヤレス接続の改善、それにバッテリー性能も2時間は持つようになっていたり、より薄く長く水平・垂直方向に動かせるディスプレイを搭載するそうです。

そして9to5Macによれば、この新型グーグル・グラスこと「Enterprise Edition」は普通のメガネのように折りたたむことができるそうです。やっぱりメガネは普通のデザインが一番使いやすいですよね。

新型グーグル・グラスが開発されていた…法人向けとして 2

現時点でニューバージョンなグーグル・グラスを受け取っているのは、ごく一部の開発者のみ。開発されたアプリはカスタマーサービスや脳外科手術やらなんであれ、企業向けに提供されます。

ただ、残念ながらどの噂にも共通するのが、この新型グーグル・グラスは「企業向けの製品になる」ということ。これが私達の毎日を変える製品になる可能性はあまり高くなさそうです。でも、現場作業員がグーグル・グラスを使いこなしていたらそれだけで十分かっこいい気もしますけどね。

source: WSJ, Recode, 9to5Mac

Adam Clark Estes - Gizmodo US[原文

(塚本直樹)