親指の爪サイズ、3Dプリンター作の世界最小の電ノコ

小さな世界のDIYに。

3Dプリンターの面白い使い方でもあり、その性能の素晴らしさを十分にアピールする方法でもある、超ミニミニツール作り。過去に世界最小ドリルを3Dプリンターを使って制作したニュージーランドのLance Abernethyさんが、今度は世界最小電ノコをつくりました。

使用したのは、3DプリンターUltimaker 2。4パーツから成るミニミニ電ノコの歯は、厚さ0.5ミリ。あまりシャープな歯ではないので、せいぜいティッシュくらいしか切れないそうですが。

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(そうこ)