なんと! グーグルが新会社「Alphabet」を設立、本体は子会社に

150811ngooglealphabet.jpg

グーグルも、変わらなきゃ。

驚きの大ニュースです。グーグルの創立者ラリー・ペイジ氏が新会社「Alphabet」の設立を宣言しました。この会社はグーグルの親会社になるとのこと。ペイジ氏はこれについて、「グーグルの新しいステージにとても興奮しているよ」と満足気味に語っています。グーグルの組織に大改革のメスが入りましたね。

このAlphabetにはグーグルの派生プロジェクト、例えば生体テクノロジー関連のLife SciencesやCalicoのほか、Ventures、Capital、Sidewalk、ドローン配達のWing、そして時折とんでもないものが飛び出すX labなども子会社として参加します。

一方グーグル本体はどうなるのかというと、検索や広告、地図、アプリ、YouTube、Androidやインフラ関連の事業が主体となるそうです。なんだか昔のグーグルに戻ったようで、懐かしい感じさえしますね。

そして、AndroidとChromeとアプリ部門のトップだったスンダー・ピチャイ氏はグーグルのCEOに就任。これまでもグーグルを引っ張ってきたピチャイ氏が名実ともにグーグルのトップに立ちます。そして、ペイジ氏とセルゲイ・ブリン氏はそれぞれ新会社AlphabetのCEOと社長に就任します。また、グーグルの株式はAlphabetの株式に変換されます。

それにしても、誰しもが思うであろう「なんで社名がAlphabetなの?」という疑問。これについて、ペイジ氏は以下のように語っています。

私達はこのAlphabetという社名を気に入っているんだ。だって、アルファベットは言語、つまり人間の最高の発明品の一つを構成しているだろう? さらに、グーグル検索のインデックスの肝でもあるしね。さらに、Alpha bet(予測を上回る収益)、これは僕らそのものじゃないか!

…だそうです。ペイジさん、もうノリノリです。

ともあれ、スリムに生まれ変わったグーグルがこれからどんな新しいサービスを生み出すのか注目ですね!

source: Alphabet via Google

Adam Clark Estes - Gizmodo US[原文

(塚本直樹)