2016年、Apple Watchはスマートバンドでパワーアップが可能に?

2016年、Apple Watchはスマートバンドでパワーアップが可能に? 1

本体が薄型化されるといいな。

つるっと美しいApple Watchに外部接続用のポートはないと思われがちですが、実はバンドの取り付け部分に謎のポートが存在しています。このポートを利用して、ヘルスケア機能を追加するスマートバンドが登場するという噂が持ち上がっているんです。

この情報を伝えてるチェコのLetem Svetem Applemによると、このスマートバンドでは血中酸素濃度や呼吸回数、血圧、体温などの詳細なヘルスケアデータを収集できるとのこと。おお、これはまさにアップルがApple Watchで本来実現しようとしていたとされる機能ですね! 本当にスマートバンドが登場したら嬉しいけど、どうなるかな?

また、これらのデータを計測するセンサーはバンド部分にしか内蔵できないとこれまでも言われていました。例えば温度関係のセンサー、これはApple Watchの熱の影響をうける本体部分への内蔵は厳しいはずです。

情報によれば、最初のスマートバンドのリリースは2016年。また、計測したい内容によって複数のバンドが用意されるとも伝えています。

Apple Watchは廉価な腕時計とは言えず、毎年新モデルが出たとしても毎回買い替える人は少ないでしょう。でも新機能をスマートバンドで追加できるなら、願ったりかなったりですね! スマートバンドの交換方法など若干不明な点もありますが、ぜひ登場を期待したいものです。

source: Apple Insider

(塚本直樹)