Apple Watch、あまり日本で売れてない? 興味薄れる傾向も…

Apple Watch、あまり日本で売れてない? 興味薄れる傾向も… 1

次なる起爆剤が必要なのかもしれませんね……。

今年上半期に、もっとも世界で話題をさらったのはApple Watchだったのではないでしょうか。発売前から注目度は急上昇。おまけに発売時には行列フィーバーが起こり、Apple Watchがスマートウォッチの新たな需要を生むとの期待も高まっていましたよね。

ところが、このほどUBS Investment Researchが発表した「Apple Watch Monitor」の調査データによると、世界でApple Watchへの興味関心が薄れる傾向が強まっているそうなんです。発売時と比較して、インターネット上でApple Watchについて検索される回数は、多くの国々で60%減。特に日本での落ち込みが顕著なようで、同社アナリストのSteven Milunovich氏は、世界でも群を抜いてiPhone人気が高い日本市場において、Apple Watchには人気が集まっていない現状に疑問を呈していますよ。

とはいえ、ややApple Watchの勢いに陰りがみられるのは、日本だけではありません。米国内では、フィットネスバンドのFitbitのほうが、Apple Watchよりも高い注目を集める状況が続いているようです。7月から8月にかけて、米国におけるApple Watchの検索回数は、Fitbitの検索回数と比較して45%低いレベルを推移したんだとか。

ただし、Milunovich氏は、Apple Watchが失敗に終わるとは考えていないとも語っています。母艦となるiPhoneを必要とせず、Apple Watch単体で動くネイティブアプリの登場や、さらなる機能強化を経て、再びApple Watchの注目が上昇する時期はやってくるであろうとの見通しも示されていますね。

一時の盛り上がりが一段落したようにもみえるスマートウォッチ市場。Apple Watchのアップグレードのみならず、Android Wearプラットフォームには、初のNexusモデルの登場まで噂されており、今年の秋からは第2ステージの火ぶたが切って落とされるのを楽しみにしたいところでしょうか~。

source: StreetInsider.com

(湯木進悟)