【更新中】アップル発表会は10日午前2時!ギズのiPhone噂リアルタイムまとめ #AppleEvent

150828nappleevent_1.jpg

Siri!もっとヒントがほしい!

さて、今年のアップルの発表会、開催日が決まりましたね日本時間では9月10日午前2時からということで、やはり噂どおり。昨年と同じ日程です。

今回のイベントでの最大の焦点はやっぱり新型iPhone(通称:iPhone 6s)でしょう! 招待状のメッセージは「Hey Siri, give us a hint.」ということで、Siriにもヒントを聞きたいところですが、彼女がそう簡単に教えてくれるとも思えません。ということで、iPhone 6sについて現在確認されている噂をまとめてみました。

こちらのページではこのあとも随時、 iPhoneの噂、そして発表会の模様をリアルタイムで更新していく予定ですので、お楽しみに!

***

名前は「iPhone 6s」になる

慣例どおりに「iPhone 6s」というネーミングで、iPhone 6のアップグレードであるといわれています。同時に大きめファブレットiPhone 6 Plus、こちらもアップグレードして「iPhone 6s Plus」という名前で登場すると予想されています。

デザインは変わらず、新色「ローズゴールド」追加

デザイン自体はほとんど変更がなく、iPhone 6を引き継ぐと思われます。ディスプレイサイズも4.7インチ5.5インチのままとのことです。一方、新色の登場については噂されていて、既存のカラーバリエーションに加えて、ローズゴールド(ピンク)が出るのでは、との声もあがっています。

1500828niphone6sroseg.jpg
画像はイメージです

さらに、以前から報告されていた、iPhone本体が曲がるという問題。その解決のために新型では背面パーツを肉厚にすることで曲がりにくくするという対策をしているとのことです。

スペック:A9プロセッサ搭載、バッテリー長持ち、RAMは2GBに

iPhone 6sは、新型のA9プロセッサを搭載すると予想されます。これにより、バッテリー性能が向上し、処理速度も速くなります。さらにLTEチップも新しくなり、最大300Mbpsという速さで通信ができるとのことです。そしてRAMの容量が、iPhone 6sでは2GBになるという予想もあります!

つまり、インターネットも速くなりバッテリーも長持ち! さらにRAMの容量もこれまでの2倍になるという、まさにスペックアップという感じですね。

Force Touchを搭載、使われ方は不明

iPhone 6sからの新しい仕様で特に注目されているのが「Force Touch」。タッチの感度を測定することができます。これがスクリーンに搭載されるのは確実とのこと。このForce Touchが搭載されることにより操作性の向上が予想されますね。しかし、一体どうに使うのかということについては、いろいろな意見が飛び交っているようです。

つまりは操作が簡略化されるということですかね。ショートカット機能だったり、ユーザーが使いやすくなるというのは嬉しい限りです!

カメラ:1200万画素、4K録画、デュアルレンズ搭載

そしてカメラの性能についてですが、iPhone 6sでは1200万画素の背面レンズが搭載されるとの噂があります。さらに4K解像度のビデオ録画が可能になるとのことです。

150828niphone6scamera.jpg
画像はイメージです

さらにさらに注目したいのは、光学ズーム可能なデュアルレンズが搭載されるかもしれない、ということです。これはもうデジタル一眼カメラにも匹敵するのでは?と思うような、そんな期待をしてしまいますね!

「iPhone 6c」は来ない

4インチモデルのiPhone「c」シリーズですが、これまでの情報だと、今回の発表会では発表されないという意見が多いようです。復活を期待されていた4インチモデルですが、「iPhone 6c」は幻のまま終わってしまうかもしれませんね...。

これらの情報はまだ噂の領域をこえませんが、イベントの日、つまり9月10日午前2時(日本時間)になれば、すべてが明らかになります。すでにiPhone 6s本体に触ったなんて情報もあり、本当にいよいよ!という感じですね。

***

iPhoneの噂についてはこちらで随時更新していきます。そして発表会の模様もリアルタイムで更新していく予定ですので、お楽しみに!

source: Apple

(ギズモード編集部)