不倫サイト「アシュレイ・マディソン」CEO辞任。事の顛末がわかる9つの記事まとめ

不倫サイト「アシュレイ・マディソン」CEO辞任。事の顛末がわかる9つの記事まとめ 1

なにがどうしてこうなった、アシュレイ・マディソン。

アシュレイ・マディソンのハッキング事件があった後も、運営会社のAvid Life Mediaはまだまだビジネスを諦める気はないみたいです。その堂々っぷりは見ていて惚れ惚れするほど。とはいえ、CEOのNoel Biderman氏個人はさすがにそうはいきませんでした…。ここで、なにがどうしてこうなったのか、アシュレイ・マディソンに関する9つの記事をまとめてみました。まあ9つとは言っても、実際の原因はたった1つ、ハッキングなんですけどね。

Noel Biderman氏の今後に関しては、Avid Life Mediaが自社ブログにて次のニュースを発表しています。「確固たる決意」、「対応」がキーワードです。

本日付けで、会社との相互同意のもと、Noel BidermanがAvid Life Media社(ALM)のCEOから辞任することを決定しました。新任のCEOが確定するまでは、既存の上層部経営陣が当社を率いていくことになります。

この変革は、会社の最善を考慮し、これからも当社会員の皆様や献身的な社員のサポートを続けていくために決断したものです。我々はお客様への責任を果たすという確固たる決意を持っています。

Avid Life Mediaはさらに「ハッキングに対する積極的な対応を」とも付け加えています。うーん、どうせなら事が起こる前に積極的に会員情報を守ってくれるとよかったんですけどね。

Adam Clark Estes - Gizmodo US[原文

(SHIORI)