「暴露された不倫サイト顧客に夫いますか?」DJが生放送で調べたげて波紋

150820AshleyMadison.jpg

「事件後なんだか夫の様子がヘン」

そんな悩めるリスナーのリクエストに答えて、オーストラリアのラジオ局が「暴露された不倫サイト『アシュレイ・マディソン』の顧客データを検索してさしあげます!」というお節介な番組を企画したところ、安心させるどころか生放送で思いっきり夫のメールアドレスがヒットして、後戻りのきかない展開となってしまいました。

9.8GB分の顧客情報が晒された場所はダークウェブなので、代わりに調べてあげるよっていうのが趣旨だったんですが…まさか本当にヒットするとは思ってなかったんでしょね…。

妻はショックのあまり途中で電話を切ってしまいます。


検索ヒットするのは0:30-

切られた後になってから「言うんじゃなかったね…」とDJは言ってますけど、ネットでは「『言うんじゃなかったね…』じゃねーよ!」とみんなカンカン。こんなこともあるので「見つかる前に自分から白状するのが最善の対処です」と結婚コンサルタントは声を枯らして叫んでますよ~。

ところで今回漏えいした顧客情報で一番多かったのは米軍&政府職員のメアドで、なんと1万5000件もあります。よっぽど暇なんだね! あとはハーバード、イエールなんかの名門大がずらずらとあって、英国政府、国連、果てはカトリック総本山バチカンのメアドまであり、十戒の7(姦淫の禁)も何もありゃしないってな状況。

偽メールも多いんですが、本物なら米軍&政府職員は私用で勤務時間や仕事のメールは禁止なのでヘタすると結婚だけじゃなく仕事も危ういという二重苦…。これまで起きたどんなリークよりも、ネットのプライバシーの脆さと怖さが浮き彫りになった事件と言えます。現在、カナダ警察と米FBIが犯人の特定を急いでいます。

image by Gizmodo US

source: The GuardianThe HillYahoo

(satomi)