動画の編集、シェア、バックアップ全部できる手持ちサイズのGNARBOX

レジャーにはこいつさえ持っていけばOK!

かっこいいビデオを撮影した後に待っているのが、面倒くさい編集作業。パソコンで重い動画を編集してインターネットにつないでアップロードして…正直、考えたくもありません。動画を自動で編集するアクションカメラなんて変わり種もありますが、今回は別アプローチをご紹介します。

この外付けHDDみたいな外観のGNARBOXは、これまでノートパソコンで行なっていた面倒くさいビデオ撮影後の作業をすべて単体でこなすことができます。具体的に出来る作業は以下のとおり。

・動画のバックアップ

・日付や場所などによる動画の自動判定

・動画の編集

・インターネット上へのシェア

使い方も簡単で、1・2・3のステップでノートパソコンなしに簡単にインターネット上に動画を公開できます。

ステップ1:USBやSDカード、micro SDカードでGNARBOXにデータを転送

ステップ2:スマートフォンのテザリング機能でGNARBOXを接続&専用アプリで編集

ステップ3:フル解像度(4Kビデオ、RAWファイル)でのオンライン上へのシェア

今まで外出先で本格的な写真や動画のアップロードを行なうには、どうしてもパソコンでの取り込みや編集、そしてアップロードが必須でした。しかし、GNARBOXがあれば撮影機材とスマートフォンだけを持っていけばすべての作業が可能になるんです。この身軽さは一度体験したら病みつきになりそうですね。

アウトドア派には大注目のGNARBOXは、現在Kickstarterで資金募集中。現時点では台数限定版が149ドル(約1万9000円)で出資者を募集しています。これ、市販化されてもかなり人気が出そうですね!

source: Kickstarter

(塚本直樹)